top of page

【北海道勇払郡厚真町】8月6日NSA公認サーフィン大会|第3回厚真町長杯 + meet up ATSUMA 同時開催


2022年同大会出場のSOUSHI君
2022年同大会出場のSOUSHI君

2023年8月6日(日)5:30から選手集合で、北海道勇払郡厚真町浜厚真海浜公園にて、NSA公認サーフィン大会の第3回厚真町長杯とコミュニティイベントmeet up ATSUMAが同時開催されます。第3回厚真町長杯はNSA(一般社団法人日本サーフィン連盟NSA北海道支部)公認のポイントランキング対象であり、日本のトップサーファーが全国から集う日本最高峰のサーフィン大会です。また、同時開催されるmeet up ATSUMAでは、昨年大盛り上がりを見せた雪山人クラスをはじめ、ビギナーも参加可能なサーフィン大会、厚真町の木工業者による木工製品の販売や、昨年大好評だった厚真産の野菜が充実したマルシェが出店。スケートボードのランページ設置や、けん玉セッション、特設ステージではLIVEも開催され、様々なカルチャーがリンクした大人から子供まで楽しめるイベント内容となっています。さらに、今年度からは厚真町内企業・厚真町の協力の下、移住環境やワーケション、ふるさと納税のPRなど、厚真町の取り組みを紹介する特設ブースを設置。より深く厚真町を知ってもらう「きっかけづくり」を行います。


2022年同大会時の波
2022年同大会時の波

北海道ローカルサーファーの聖地浜厚真

北海道の浜厚真は、太平洋に面したサンドビーチで、幅約800mあります。ここではサーフィンが楽しめ、北海道サーファーが集まります。


波はコンスタントにあり、特に早朝の風が穏やかな時間帯には厚真サーファーたちが毎日楽しんでいます。また、周辺にはシークレットビーチもあり、ローカルサーファーたちが連絡を取り合っていい波を求めて移動しています。


浜厚真は海浜公園として運営されていますが、地元のサーファーたちが自主的にビーチクリーン活動を行っており、快適なサーフィン環境が保たれています。筆者は地元の人々とのリスペクトとコミュニケーションを大切にし、楽しい時間を過ごしたいと願っています。


浜厚真波のメカニズム

2022年に初めてドローン撮影して気がつきましたが、どうやら真南方向からのうねり(第一うねり)と、そのうねりが防波堤に跳ね返ったうねり(第二うねり)が交錯したうねりが、三角波を形成して割れ始めるのではないだろうか?という筆者の考察です。


▼360VR(全天球画像)

まとめ

再三になりますが、NSA公認ポイント対象大会のため、全国のガチサーファーが集結する日本最高峰の大会が開催されます。サーファーならずとも、このイベントを楽しむことが出来ると思いますので、ぜひ8月6日(日)は厚真町浜厚真海浜公園へ遊びに出かけましょう!


 
2022年の様子


 

出典元:

NORTH NAVI

閲覧数:265回

Comments


bottom of page