top of page

空き地や放置森林活用のキャンプ場予約サイト「ExCAMP」がJR北海道 廃線跡地活用イノベーションプログラムに採択

廃線跡地活用したキャンプ場を開発による新たな体験価値提供と観光促進に貢献

JR北海道とExCAMPの連携
JR北海道とExCAMPの連携

地方の遊休地・耕作放棄地の活用方法としてキャンプ場を提案し、キャンパーとマッチングするキャンプ場予約サイト「ExCAMP」を運営するforent株式会社(所在地:茨城県つくば市、代表取締役:塚﨑浩平 以下「ExCAMP」)は、この度、北海道旅客鉄道株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:綿貫泰之 以下「JR北海道」)が実施する、「JR 北海道 廃線跡地活用イノベーションプログラム」に採択されたことをお知らせします。

出典元:PRTIMESプレスリリース


■取り組みの背景・概要

アウトドア特化の宿泊予約サイト「ExCAMP」は、遊休地や遊休不動産をキャンプスペースなどのアウトドア宿泊施設として掲載し、土地保有者とキャンパーをマッチングするサービスです。この事業を通し、地方で深刻な課題となっている耕作放棄地、所有者不明の土地、空き家の問題の解決を目指しています。また、遊休地活用を通して、様々な地域の方々と連携し、「キャンプ×地方創生」に取り組み、地域経済の活性化に寄与する新たな体験価値の提供をしています。


JR北海道の廃線跡地活用イノベーションプログラムは、2019 年3月に鉄道事業を廃止した石勝線(新夕張~夕張間)、2021年3月に鉄道事業を廃止した日高線(鵡川~様似間)の廃線跡地の有効利用が目的であります。


今回のプログラムを通して、当社のこれまで蓄積したアセットを有機的に活用し、廃線跡地を活用したキャンプ場の開発を行い、JR北海道をはじめ、事業者・自治体と連携し、地域の魅力を発信する拠点の創出の具体的な検討を進めていきます。


■今後について

JR北海道や各事業者様と場所・事業規模・開始時期などの詳細を協議し、事業化に向け準備を進めてまいります。事業開始の際は改めてお知らせする予定です。 ■ExCAMP in 北海道 特設ページ

ExCAMPでは2023年3月から北海道での事業展開を行い、「遊休地×キャンプ」を通して土地問題と観光問題の両軸を解決することを目指しております。


ExCAMP in 北海道 特設ページ

https://lb.excamp.jp/ja/hokkaido-1


■遊休地活用にご興味のある土地オーナー様向け(個人・法人・自治体)

自社でキャンプ場開発・運営を行なってきたノウハウを活用し、キャンプにおける市場調査、土地開発・キャンプ事業計画の策定、物品調達、集客支援までを行なっております。土地活用にお困りの方や、キャンプ場運営にご興味のある方に向けて、解決手段のコンサルティング、サポートをご提供する「土地活用コンシェルジュサービス」もご用意しております。ご興味のある方は、下記のLINE@またはお問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。


ExCAMP@LINE相談窓口:

https://lin.ee/dWPJMQc


お問い合わせフォーム:

https://share.hsforms.com/16i7ig_lJTb2zcIfPUU-1bg3mgnz


【forent株式会社 会社概要】

会社名  : forent株式会社

​ミッション: 人々の体感時間を最大化する

所在地  : 茨城県つくば市天王台1-1-1

設立   : 2018年1月

代表取締役: 塚﨑 浩平

事業内容

- アウトドア特化OTAサイト「ExCAMP」(https://excamp.jp)の運営

- アウトドア事業地方創生コンサルティング

- DXコンサルティング(開発・マーケティング)

- IT業界・コンサル特化型RPO(https://forent.co.jp/RPO/


■報道関係向けお問い合わせ先

お問い合わせフォーム:

https://share.hsforms.com/1hxPB_BJDQ-aRhnWMirT88A3mgnz


 


Jun Shimokawabe | Public Relations
Jun Shimokawabe | Public Relations

■IBURI DOT SITE.フィールドスカウト

マイクロツーリズムマルチメディアIBURI DOT SITE.代表の下川部淳(シモカワベ ジュン)は、ExCAMPの地域課題解決策「キャンプ×地方創生」という理念と、IBURI DOT SITE.の地域産業の訴求という理念が一致した為、北海道フィールドスカウト(Jun Shimokawabe | Public Relations)として、ExCAMPと共に連携を図り、多くのキャンパーにローカルの魅力を体験してもらえるよう発信していきます。

閲覧数:144回