top of page

【実録!起業家を生み出す場】3日目最終日(前編) No Talk, All Action. アイディアソンワークショップStartup Weekend苫小牧

更新日:2022年12月7日

「起業」「新規事業開拓」「地方創生」など、アイディアや課題解決を具現化するための過程を学び、最終日には5分ピッチで発表して順位を決定するワークショップイベントが、2022年12月2日(金)18:00から全3日間が始まり、北海道苫小牧市のCOCOTOMAラウンジで行われている。


参加人数は30名、地元学生、サラリーマン、フリーランス、企業経営者、教師などが参加して、遠くは東京、釧路、札幌から苫小牧市に来訪。運営側には、銀行支店長、投資家、企業経営者など現役で事業に取り組む方々が、メンターとしてコーチングして助言を行いながら共に起業アイディアを具現化していく。


似たようなイベントとしてハッカソンというワークショップ形式でアイディアからアプリケーションやWebコンテンツなどのプロダクト制作するものあるが、Startup Weekend苫小牧(以下SW苫小牧)はアイディアを理論構築していくものだ。例えば、美味しい飲食店をすぐ知りたいというアイディアからビジネス構築するとしよう。その場合、誰の課題解決になり喜ぶのか?参加者は誰なのか?そもそも既存サービスが存在するのでは?と、検証を繰り返して事業計画書を作成していき、3日目に5分ピッチ発表するアイディアソンである。尚、アイデアソンとはアイデア(Idea)とマラソン(Marathon)の造語。


合言葉はNo Talk All Action.

(不言実行)

STARTUP WEEKEND JAPAN


優勝チームスマイル
優勝チームスマイル


 12月4日(日)15:00タイムリミットだ。昨日の2日目に「こんなビジネスを!」と鼻息荒くチームを組んだものの、「誰のために?」「既存ビジネスあるね」「ただの自己欲求だ」ことに気づき、初めから事業ブランを練り直す者、仮説の仮説で顧客ニーズをヒヤリングできていない者など、3日目午前中の参加者の気持ちテンションは根拠のない自信の山から、一気に第一の谷であった。しかし、5分ピッチのタイムリミットが刻々と迫ってくる。参加者全員腹をくくったのか?15時タイムリミットに向けて、参加者の気持ちテンションは第二の山へとリフトオフしていった。

ダニングクルーガー効果とは?


15:00~ 5分ピッチスタート

 参加者30名と同数くらいの観覧者がいただろうか。約60名での5分ピッチがスタートした。

  1. 縁:カスタマイズできる最強の冬靴を学生に届ける

  2. FSG:主婦をお助けする自動分別ゴミ箱

  3. DreamMaker:愛のある眠りをあなたに

  4. すすきの:友だち作り支援サービス

  5. スマイル:教師の悩み解決

  6. ありのまま:発達障害がある子ども達にアートを通じて子供の可能性を引き出す。

SW苫小牧2022の1日目記事へ


SW苫小牧2022の2日目記事へ


SW苫小牧2022の3日目後編記事へ


閲覧数:151回
bottom of page